これから日本へ来る方へ 在留資格認定証明書

これから日本へ来る方に必要な申請

 

 

在留資格取得→認知証明書→交付申請という流れになります。

外国人の方の在留資格を日本の法務大臣に認定してもらい、証明書を発行していただく為の交付申請です。

 

在留資格認定証明交付申請の目的は、入国審査の簡易迅速化を図るためです。

 

「短期滞在」以外の中長期在留資格で日本に上陸する場合は、申請に基づき、法務大臣があらかじめ在留資格に関する上陸条件を審査した結果、適合する場合に日本の法務大臣から証明書として在留資格認定証明書が交付されます。

在留資格認定証明書を添付して審査請求したときは、すでに日本の法務大臣の審査を終えているものをして扱われるため、査証発給審査は迅速に行われるというメリットがあります。また、日本に上陸時においても、空港にて在留資格認定証明書を提示する外国人は、上陸審査においても、適合車として簡易的に行われるというメリットがあります。

このような理由から、外国人材を日本に呼び寄せるには「在留資格認定証明書」を取得するべきです。

 

在留資格認定証明書交付申請 の取得方法

 

海外の外国人材と直接雇用した場合は以下のような手続きになります。

1 雇用契約書を締結

2 必要な書類を集めます

3 地方出入国管理事務局に在留資格認定証明書の交付申請をします。

4 2~3か月程度で在留資格認定証明書が交付されます。

5 雇用した外国人の住所へ在留資格認定証明書を郵送します(期限3か月)

6 在外日本大使館に雇用した外国人自ら査証申請をします。

7 査証交付後、在留資格認定証明書を持参して日本に上陸します。

8 在留カードの交付を受けます

 

日本に滞在するには29種類ある中のどれか一つの在留資格に該当する必要があります。

在留資格には以下の者があります。

外交・公用・教授・芸術・宗教・報道・高度専門・経営管理・法律会計業務・医療・研究・教育・技術、人文知識、国際業務・企業内転勤・介護・興行・技能・特定技能・技能実習・文化活動・短期滞在・留学・研修・家族滞在・特定活動

永住者・日本人の配偶者等・永住者の配偶者等・定住者

どの在留資格に該当する可能性があるかご不明な方はご相談ください。

 

 

在留資格認定証明書交付申請は所在地を管轄する出入国在留管理局

申請先となる出入国在留管理局は地域によって異なります。
お問合せください
詳しくは出入国在留管理庁のホームページでご確認ください

 

5.在留資格認定証明書申請に必要な書類

申請書の他に添付する書類が必要となります。申請する在留資格により添付書類は異なります。

ご問い合わせください。

例えば一般的な就労ビザ(技術・人文知識・国際業務)の場合は以下となります

  1. 申請書
  2. 採用理由書
  3. 前年分の給与所得の源泉徴収票
  4. 顔写真(4cm×3cm)
  5. 返信用封筒(404円分の切手(簡易書留用))
  6. 雇用契約書
  7. 外国人材の履歴書
  8. 大学の卒業証明書および日本語訳
  9. 大学の学位証明書および日本語訳
  10. 大学の成績証明書および日本語訳
  11. 大学の出席証明書および日本語訳
  12. 留学生で専門学校卒業の場合は、卒業証明書・成績証明書・出席証明書・専門士証明書
  13. 法人の登記事項証明書
  14. 直近の決算書

申請する在留資格により必要書類は異なります。 ご問い合わせください。

 

 

在留資格認定証明書の有効期限について

在留資格認定証明書の有効期限は3か月と短いため、交付されたら速やかに上陸申請をする必要があります

3か月を経過すると、無効となってしまいます。

 

在留資格認定証明書の取得についてご不明な点がございましたら、ご遠慮なくご相談ください。

 

 

電 話 : 093‐482‐3923

海外から: +81‐93‐482-3923

メール : info@gyoshosato.com

WHATTSUP :+81‐80‐3960‐7668

VIBERからのお問合せはこちらをスキャン

WeChatはこちらをスキャン

ラインでのお問合せはこちらをスキャン

 

申請取次行政書士

当センター 代表 佐藤浩一

 

お問合せフォームからのお問合せはこちらから

 

タイトルとURLをコピーしました