オーバーステイ・不法滞在

オーバーステイの外国人との結婚

外国人の彼、彼女と付き合っているうちに、実はオーバーステイであることが判明した場合、

そんな場合に結婚して日本で暮らすには以下の方法があります。

 

①帰国せずに在留特別許可を申請する

②いったん帰国してから呼び寄せる

※いずれにしても結婚済であることが必要です。

 

在留特別許可とは、オーバーステイなどで不法に日本に滞在している外国人でも、日本人との結婚によって特別在留許可を与える制度です。

 

一旦帰国する場合は、在留資格認定証明書交付申請を行います。

自ら入国管理局に出頭し、オーバーステイであることを申告します。出国命令を受け、1年経過後に日本人配偶者に日本に呼んでもらう手続きになります。

自ら出頭して出国命令にしたがい出国した場合は、1年間は入国禁止期間となります。

強制退去された場合であれば再入国禁止期間は5年間となります。

 

一旦出国すると、離れ離れになる期間が発生しますので、「上陸特別許可」というものを取得する手もありますが、こちらの取得難易度かなり高いので、離れ離れが嫌であれば、「在留特別許可」を狙うべきかもしれません。

 

在留特別許可の申請前に一度帰国して呼び寄せる手続きを促されることがありますが、これに従った場合、再来日できる保証はありませんので、できたら在留特別許可を狙ったほうが良いのかもしれません。

申請にあたっては再三の注意をしながら、すこしでも有利に立証資料を作成していく必要があります。

 

在留特別許可は、オーバーステイの外国人に法務大臣の裁量によって特別に許可されるものです。

よって許可がおりるかどうかはやってみないとわかりません。

許可基準ははっきりわかりませんが、

①日本人と結婚していること

②永住者と結婚していること

③日本人の子どもを養っていること

上の条件があれば許可の可能性はあると言えそうです。

刑法違反、素行不良、過去に強制退去などがあれば許可は難しくなります。

 

在留特別許可申請の流れ

① 出頭申告をする

② 入国警備官による違反調査

③ 入国調査官による口頭審理

④ 特別審理官による口頭審理

⑤ 法務大臣裁決により在留特別許可 もしくは 強制退去

 

 

タイトルとURLをコピーしました