行政書士佐藤浩一事務所

各種許認可・自動車関係手続・外国人ビザ 英語が話せる行政書士

☎093-482-3923

Q2 私(日本人)は在留期間を過ぎている日本に滞在している外国人と結婚したいと思っています。可能でしょうか?また相手は日本に合法的に在留することができますか?

Q2 私(日本人)は在留期間を過ぎている日本に滞在している外国人と結婚したいと思っています。可能でしょうか?また相手は日本に合法的に在留することができますか?

 

A  結婚が有効に成立するかどうかは、婚姻の成立要件を備えているかどうかによります。(未婚であるなど)在留資格とは別の話と考えれられます。 したがって、在留資格の有無は有効な婚姻の成立判断の問題にはなりません。

入管法、住基法上、非正規滞在者には在留カードが発行されず、住民票作成ができませんが、婚姻届けは受け付けられます。

婚姻が成立しても、在留資格が自動的に与えられるわけではありません。

しかし、婚姻が成立した場合、在留特別許可を得て、在留資格を取得することができる可能性はあります。

オーバーステイの外国人には退去強制の手続きがとられますが、この中で、、法務大臣の在留特別許可を得て、「日本人配偶者等」という在留資格を取得できる可能性があります。

 

入管からは、日本人と婚姻した外国人に対し、一旦帰国して在留資格認定証明書の交付を受けてから入国するように指導される場合がありますが、一旦帰国した場合、原則として強制退去の日から5年を経過しないと日本に上陸できません。また、1年以上の懲役刑をうければ、原則として二度と日本に上陸できません。

さらに、退去強制から5年を経過した後に日本に入国できるか否かは行政の裁量によるので、必ず日本に入国できる保証はありません。

このようなことから、在留特別許可の取得に向けて動くほうが賢明かと思われます。

 

よって、婚姻を有効に成立させ、結婚後、入管に出頭し、オーバーステイを申告したうえで、在留特別許可を得る必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

行政書士佐藤浩一事務所

登録番号第19401359号
福岡県行政書士会