行政書士佐藤浩一事務所

各種許認可・自動車関係手続・外国人ビザ 英語が話せる行政書士

☎093-482-3923

現在留学生として学校に通っていますが、ホステスとして働かないかと誘われています。 ホステスとして働いて、入管や警察に発見された場合どうなるのでしょうか?

 

現在留学生として学校に通っていますが、ホステスとして働かないかと誘われています。 ホステスとして働いて、入管や警察に発見された場合どうなるのでしょうか?

 

A 資格外活動を専ら行っていると明らかになったと認められれば、3年以下の懲役もしくは禁錮または300万円以下の罰金の対象となります。専ら行っているというのは、資格外活動をどのていど継続して本来の在留資格に基づく活動とのバランスを考え判断されます。

 

専らと認められなくても、資格外活動を行った者は、1年以下の懲役もしくは禁錮または200万円以下の罰金の対象となります。

 

資格外活動を「専ら行っている」と認められれば、刑事処分とは別に退去強制自由に該当します。

 

専らとまでは認められない場合でも刑事処分をうけるのですが、この場合には、直ちに退去強制手続きが開始されて退去処分になるわけではありません。 禁錮以上の刑に処せられた場合には、退去強制自由に該当することになります。

また、在留資格の更新や在留資格の変更を申請しようとするときは、この事件が考慮され不許可となる可能性が高くなります。

 

留学生に認められる資格外活動許可の中にはホステスは含まれていないので、ホステスとして働いた場合、刑事罰の対象となります。

状況次第で強制退去自由にも該当して日本から退去させれる恐れが強くなるので、そのようなリスクをとってまでホステスとして働くのは辞めるべきと言わざるを得ません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

行政書士佐藤浩一事務所

登録番号第19401359号
福岡県行政書士会