現在観光目的で日本に在留していますが、日本が気に入ったので、このまま日本に滞在して働きながら生活したい。可能でしょうか?

 

現在観光目的で日本に在留していますが、日本が気に入ったので、このまま日本に滞在して働きながら生活したい。可能でしょうか?

 

A 観光目的の在留なので「短期滞在」で在留していることとなります。短期滞在は就労ができません。日本で働きたいのであれば、就労が可能な在留資格を取得する必要があります。

日本に引き続き在留しながら別の在留資格に変更する手続き「在留資格変更許可申請」がありますが、「短期滞在」からの変更は原則認められておらず、やむを得ない事情が必要です。

日本が気に入ったというのはやむを得ない事情に該当せず、変更はできないと考えられるでしょう。

できれば短期在留中に「在留資格認定証明書」を取得した上で、一旦帰国した後、希望する在留資格の査証を取得し再び日本に来るべきだと考えられます。

 

ちなみに、比較的認められやすいと言われる、結婚等の身分上の変更があった場合であっても、必ず資格変更が認められるとは限りません。

 

就労可能な在留資格への資格変更が困難なその他の場合

「企業内転勤」の在留資格は、起業の国際活動を保証するために、同一企業内での一定期間内の転勤について、日本での在留を認められたものです。このような一定の条件下での在留であるため、他の「技術・人文知識・国際業務」といった在留資格で在留する外国人と仕事の内容では類似した活動をしていても、これらの在留資格と比べると学歴や職歴要件が緩いわけです。

したがって、「企業内転勤」という在留資格で在留している外国人に対して、起業の枠を外れて引き続き日本に在留することを認めることは、許されないと解されています。

事実上「企業内転勤」から「技術・人文知識・国際業務」への在留資格の変更は認められていないようです。

 

在留資格の変更が認められないとしても、その人が希望する在留資格の該当性がないとは限りません。

現在保持している在留資格からの変更が原則認められない為に、許可がおりないことも十分考えられます。

このような場合は一旦帰国した上で、希望する在留資格(ビザ査証)を取得して日本に入国することになります。

帰国する前に、希望する在留資格の「在留資格認定証明書」を得ることができれば、査証取得の可能性が高くなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました