私(日本人)は外国人と結婚していましたが、離婚することになりました。子供を私が引き取った場合に養育費を請求することができますか?

Q 私(日本人)は外国人と結婚していましたが、離婚することになりました。子供を私が引き取った場合に養育費を請求することができますか?

 

日本の法律に基づいて、日本の裁判所で財産分与請求、慰謝料請求、養育費請求ができます。相手が既に日本から出国してしまった場合も可能な場合があります。しかし、現実問題として出国してしまった相手が払う意思がない場合、実際に払ってもらう事は困難でしょう。

請求ができるということと、実際に支払いをしてもらえるか?というのは別の話になります。

 

財産分与について

財産分与の際にどの法律が適用されるか

①まず夫婦の共通本国法によって

②共通本国法がない場合は、夫婦の共通常居所地法により

③共通常居所地がない場合は夫婦の最も密接関連のある地の法律

④夫婦の一方が日本に常居所がある日本人であるばあいは日本の法律による

 

となっておりますので、日本人で日本に住んで婚姻生活を営んでいたのであれば、日本の法律によることになります。

 

慰謝料についても上記と同じ考えにより法律が適用されると考えられます。

 

 

養育費の請求について

日本人である相談者が子供をひきとって日本で生活する場合は、子供の常居所地法である日本法が適用されます。

よって、協議離婚による場合、相談者が親権者となって子供を引き取れば、当然養育費を請求することができます。

相手側が養育費を支払わない場合は、家庭裁判所に調停を申し立てます。

調停で合意すればその金額となりますが、不調に終われば審判に移行し、裁判所の裁判官が養育費の額を決定します。

離婚自体を調停や裁判で争うばあいは、離婚成立時までは婚姻費用の分担問題となります。そのなかで子供の養育費を請求していくことになります。

日本国内であれば差し押さえなどが可能になりますが、海外に出国してしまった相手に強制的に払わせるのは事実上難しいと言えるでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました