私(日本人)は外国人配偶者と離婚することになりました。婚姻中は相手の外国人の氏でしたが、離婚すると私の戸籍、氏はどうなりますか?

Q 私(日本人)は外国人配偶者と離婚することになりました。婚姻中は相手の外国人の氏でしたが、離婚すると私の戸籍、氏はどうなりますか?

 

A 離婚に伴い、氏の変更を希望する場合は所定の手続きが必要になります。 離婚した相手側は在留資格が取り消されたり、変更する必要がでてくるので、状況に応じて対処が必要となります。

 

日本人と離婚した場合もそうですが、当然には氏の変更はありません。氏を変更したい場合は、婚姻時の氏の変更をどの法律に従ってしたかによります。

①婚姻時の氏の変更を戸籍法107条1項に基づいてした場合

この場合は、「やむを得ない事由」があることが必要で、家庭裁判所の許可を得る必要があります。

②婚姻時の氏の変更を戸籍法107条2項に基づいてした場合

一般的にはこの方法がとられていると考えてよいと思います。

離婚後3か月以内に限り、家庭裁判所の許可を得ることなく届出のみによって氏を戻すことができます。

3か月経過してしまうと、「やむを得ない事由」および家庭裁判所の許可が必要となりますので注意

 

離婚と戸籍について

日本人と外国人が婚姻した場合、当該日本人が既に戸籍の筆頭者であった場合を除いて、日本人を筆頭者とする新戸籍が作られます。

外国人との婚姻は戸籍の身分事項欄に記載されます。

外国人と離婚した場合、その戸籍の身分事項欄に離婚があったことが記載されます。

婚姻前の氏に戻した場合は、日本人の元の氏が記載され、離婚により氏が変更したことが記録されます。

日本国籍の子供がいる場合は、新たに戸籍がつくられますので、変更前の氏が記載されます。

ちなみに日本人配偶者の戸籍に子供が同籍している場合、元の氏への変更届をしても、子供の氏は変わりません。

離婚後、及び戸籍 氏の変更後、子どもが日本人(親)と同じ氏を称すること希望する「同籍する旨の入籍届」というものを提出する必要があります。これにより、子供も日本人(親)の元の氏に変更することができます。

 

 

離婚相手の在留資格について

日本人の配偶者等の在留資格は、日本人、又は永住者の配偶者による家庭内暴力などの特段の事情がある場合を除いて、6か月以上配偶者としての活動を行わない場合は取り消される可能性があります。

よって、離婚調停中、訴訟中の場合を除いて、6か月以上別居している場合は、取り消されると考えたほうがよいでしょう。

また、「日本人の配偶者等」や「永住者の配偶者等」の在留資格により在留する外国人が配偶者と離婚又は死別した場合には、当事由発生日から14日以内に出入国在留管理庁長官にその旨を届出なければなりません。

これらの在留資格は身分系のものですので、離婚してしまえば、更新はできないので、他の在留資格への変更手続き(在留資格変更申請)が必要になってきます。養育している子供がいる場合などは「定住者」の在留資格が認められる場合もありますので、資格該当性を調査したうえで在留資格の変更を進めていくことになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました