普通車・軽自動車 各種手続きに必要な書類

自動車・二輪の手続き

普通車各種手続きに必要な書類

車庫証明 普通車

 1 申請者様の署名捺印のある委任状

  福岡県は委任状の提出を求められませんので、事実上不要

2 車両のデーター

 (※間違いがあると、再取得することになります。車検証コピーがあれば安心です)

3 保管場所使用権原疎明書面(自認書) もしくは、保管場所使用承諾証明書(承諾書)

4 配置図

 (※書き方が解らない場合、遠方からの依頼で配置図が書けない場合は当事務所で作成します。
ご相談ください)
5 自動車保管場所証明申請書 (運輸支局提出用)
6 自動車保管場所証明申請書 (警察署提出用)
7 保管場所標章交付申請書(警察署提出用)
8 保管場所標章交付申請書(申請者保管用)

普通車 新規登録

①委任状(新所有者及び新使用者の実印 法人の場合は代表者印)

②譲渡証明書譲渡証明書

③完成検査終了証

④印鑑証明書(新所有者 3か月以内のもの)

⑤使用者の住所を証する書面(発行されたから3か月 写し可)

新所有者と新使用者が異なる場合 ※個人:住民票 法人:登記事項証明書

⑥自動車通関証明書等(新車輸入車のみ)※リサイクル料金の預託確認ができるもの

⑦自賠責保険証明書※車検有効期限を満たすもの

⑧自動車重量税納付書※自動車重量税法に定める額の印紙を貼付け(立替可)

⑨自動車税申告書

⑩新使用者車庫証明※使用本拠地発行、発行から40日以内

⑪既に希望ナンバーを申し込みされている場合「入金確認メール」と「QRコード」を印刷したものを一緒に送付お願いします。※既に希望番号予約済証がある場合はその希望番号予約証(原本)を送付ください。

⑫その他必要な情報 ※自動車税、重量税、環境性能割、課税標準額、車体の色、販売店コード等

普通車 中古新規登録

①委任状 ※新所有者及び新使用者の実印 法人の場合は代表者印

②譲渡証明書

③予備検査証または保安基準適合証※有効なもの

④印鑑証明書(新所有者 発行されてから3か月以内)

⑤使用者の住所を証する書面(発行されてから3か月以内のもの、写し可能)

新所有者と新使用者が異なる場合※個人:住民票  法人:登記事項証明書

⑥登記識別情報等通知書

⑦自賠責保険証明書※車検の有効期限を全て満たすもの

⑧自動車重量税納付書※自動車重量税法に定める額の印紙を貼付け(立替可)

⑨自動車税申告書

⑩新使用者の車庫証明 ※使用本拠の位置の管轄警察発行より40日以内

⑪既に希望ナンバーをインターネットで申し込みの場合「入金確認メール」と「QRコード」を印刷したものを一緒に送付してください。※既に希望番号予約済証がある場合はその希望番号予約済証(原本)を送付ください

⑫その他必要情報※自動車税、重量税、環境性能割

普通車 名義変更(移転登記)

①委任状 旧所有者、新所有者及び新使用者の実印(法人の場合代表者印)

②譲渡証明書

③車検証(車検がきれてないもの原本)

④ナンバープレート(2枚) ※ナンバー変更ない場合は必要ありません

⑤印鑑証明書(旧所有者、新所有者 3か月以内のもの)

⑥住民票又は登記事項証明書等 ※車検証記載の住所氏名等が印鑑証明と異なる場合に変更の繋がりを証明できるもの

⑦使用者の住所を証明する書面(発行されてから3か月以内のもの 写し可能)

新所有者と新使用者が異なる場合、個人の場合 住民票 法人の場合登記事項証明書

⑧自動車税申告書

⑨新使用者の車庫証明書 ※使用本拠の位置の管轄警察署発行より40日以内

⑩既に希望ナンバーをインターネットで申し込みの場合「入金確認メール」と「QRコード」を印刷したものを一緒に送付願います。※既に希望番号予約済証がある場合はその希望番号予約済(原本)を送付してください。

⑪その他必要情報

※環境性能割等

普通車 一時抹消

あまり頻繁にある手続きではありませんが、自動車をしばらく使用しない場合、自動車税などが発生するのを防ぐさいにする手続きです。 車検なし車両のオークション出品などでも一時抹消をして出品します。

①委任状 ※所有者の実印(法人の場合 代表者印)

②車検証(原本)

③印鑑証明書(3か月以内のもの)

④ナンバープレート(2枚)

⑤自動車税申告書

普通車 住所、氏名、使用者変更

所有権に変動がないので、認印でできる手続きになります。

①委任状 ※新所有者及び新使用者の実印(法人の場合は代表者印)

※使用者自体が変更となる場合、旧使用者の委任状は不要

②車検証(原本)

③変更のつながりや関連を証明する住民票、戸籍謄本、登記事項証明書等

④ナンバープレート(2枚) ナンバーが変わる場合のみ

使用者自体が変更となる場合 

新使用者の住所を証する書面(3か月以内のもの)

個人の場合 住民票又は印鑑証明書

法人の場合 登記事項証明書又は印鑑証明書

使用本拠の位置が変更になる場合

車庫証明書 ※使用本拠の位置の管轄警察署発行40日以内

 

⑥自動車税申告書

 

 

軽自動車各種手続きに必要な書類

車庫証明 軽自動車

1 委任状

(手続き上なくても手続きは可能です)

2 保管場所使用承諾証明書 (保管場所の土地が自己所有のとき)又は、

保管場所使用権原疎明書面(自認書)(保管場所の土地が他人所有のとき)

3 保管場所の所在図配置図

(※配置図の作成が難しい場合はご相談ください)

4 自動車保管場所届出書 軽

5 自動車保管場所標章交付申請書(警察署用) 軽

6 自動車保管場所標章交付申請書(申請者保管用)軽

軽自動車 新車新規登録

①完成検査証

②保安適合証 保安適合証で検査する場合(ディーラ様)

予備検査証 予備検査を受けている場合

③新所有者・新使用者の住民票または印鑑証明:使用者と所有者が別の場合はそれぞれ住民票、印鑑証明も必要です。

④軽自動車申請依頼書

軽自動車 中古新規登録

①車検証原本

②予備検査証 予備検査をうけている場合

③新所有者・新使用者の住民票または印鑑証明:使用者と所有者が別の場合はそれぞれ住民票、印鑑証明も必要です。

④軽自動車申請依頼書

軽自動車 名義変更(移転登記)

1 自動車検査証(車検証)

2 使用者の印鑑

新しく使用者となられる方の印鑑
・個人の場合は、認印または署名
・法人の場合は、代表者印または署名

3 所有者の印鑑

新しく所有者となられる方の印鑑
・個人の場合は、認印
・法人の場合は、代表者印

4 使用者の住所を証する書面

個人の場合  下記いずれか1点
・住民票の写し(マイナンバーが記載されていないもの)発行から3か月以内のもの
・印鑑(登録)証明書  発行から3か月以内のもの
※これらのコピー(複写)でも可能です。
※複数ページで交付された書面の場合は、全ページ分をお持ちください。

法人の場合

・商業登記簿謄(抄)本  発行から3か月以内のもの
・登記事項証明書     発行から3か月以内のもの
・印鑑(登録)証明書   発行から3か月以内のもの
※法人で上記書面が存在しない法人の場合は、公的機関が発行する事業証明書、営業証明書、課税証明書または電気・都市ガス・水道・固定電話料金領収書のいずれか1点
※これらのコピー(複写)でも可能です。
※複数ページで交付された書面の場合は、全ページ分をお持ちください。

5 旧所有者の印鑑

自動車検査証に記載されている所有者の方の印鑑
・個人の場合は、認印
・法人の場合は、代表者印

※自動車検査証記入申請書または申請依頼書の旧所有者の欄に押印したものをお持ちいただいても結構です。

 

6 ナンバープレート

自動車検査証に記載されている使用の本拠の位置の管轄に変更がなければ必要はありません。
管轄が変更となる場合は、ナンバープレート代(1,560円)が別途必要となります。
紛失などによりナンバープレートが無い場合には、車両番号標未処分理由書の提出が必要となり、使用者の押印または署名が必要です。

 

7 自動車検査証記入申請書

(軽1号様式)軽検査協会にあります

 

8 事業用自動車等連絡書

事業用(黒ナンバー)としてお車を使用する場合、お使いになっていたお車を使用しなくなった場合等に必要となります。

9 軽自動車税(種別割)申告書(報告書)

軽検査協会で入手します。

 

10 軽自動車税(環境性能割)申告書(報告書)

軽検査協会で入手します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました